2020年から、2021年に向けて。

2020年が終わろうとしています。

今年は新型コロナウイルスの影響もあり、

全世界的にみても激動の一年だったのは間違いないでしょう。


良くも悪くも、

未来は誰にも分からないのですが、

ここまでか・・・というぐらい世の中が大きく変わった1年でした。

2020年は外部環境の変化がありつつも、

私自身、背水の陣で挑んだ1年でしたが

結果として改めて成長軌道を構築できたと思っています。


これもすべてのお客様とパートナーの皆様、

そして当社スタッフと関係者全員のおかげです。


本当にありがとうございます。


2020年にもっとも力を注いできた

「IP関連ビジネス」は、

当社IPビジネスの発端となった『Vtuber事業』からスタートし、

IPとゲームをつなぐ『ゲームIPコラボ事業』で進化を遂げ、

グッズのサブスク型サービス『サプライズボックス』をきっかけに

デジタルからMD領域まで担うことができるようになりました。


その結果、多くの版元様・IP様とご一緒する機会を頂き、

まさに、我々のビジネスは、大きくカタチを変え、

さらに進化しようとしています。



ただ、本当にここからが勝負どころ。


このままの規模レベルで終わるか、大きな飛躍をすることができるか。

まっすぐどこまでも同じような道を

ただひたすらに走ることは、一見楽なようですが

全く変化がなく、実は退屈なことで、

最も辛いことかもしれません。


大きな成果を出すためには、
当然ながら大きな壁を超えねばならず、
挑み続けていく必要があります。

改めて2021年は、事業ドメインを明確に定め邁進していく年。

これからも、Smarpriseに関わる皆様を幸せにできるよう
全力で邁進していきたいと思います。


改めて、2020年もありがとうございました。
2021年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。