リスペクト文化

当社は3月が決算月なので、本日が第4期の最終営業日。

来週から第5期がスタートします。

 

 

第4期を振り返ると一気に仲間が増えた1年だったなと思います。

 

 

私の働く元気の源は、仲間の笑顔。

 

 

仲間がいるから頑張れる。

仲間がいるから楽しい。

 

 

仲間なくしては、今のSmarpriseはありえないし、

この業績も作れていません。

 

 

経営をしていくと途中で色々なことはありますが

私が好きな言葉としていつも心の中で唱えていることは

「業績が全てを癒す」という言葉。

 

 

スポーツでもなんでもそうですが、

結果が出ているときは楽しいものです。

先日引退されたイチロー選手ですら

ヒットを打てないときは辛いと。

 

 

会社も全く同じ。

 

 

業績が出ている方が、

仲間の笑顔が増えている気がします。

 

なので、私が一番やらないといけないことは

みんなの笑顔を見るために業績を作ること。

 

 

私はかねてから私に関わる人すべてを幸せにしたいと

本気で思って生きてきましたし、

会社を経営するようになって日々その気持ちが強くなってます。

 

 

この姿勢は変えずに第5期も全力疾走していきたいなと。

 

 

そして、第4期にみんなが協力してくれて業績以外の成果を残せたことは

「リスペクト文化」を根付かせられたことかなと思っています。

 

 

仲間の個性を大事に、個人をリスペクトする。

 

 

業績の一つ手前にある大事なことで、

大前提これがないと業績が出ていても

笑顔にはなれないと思っています。

 

 

さぁ、来週から第5期。

新入社員4名が新たにジョインしてくれます。

 

 

新入社員の活躍+既存社員の成長を掛け合わせ

より多くの「驚きと感動」を提供できるよう

さらにギアを上げてフルコミットしていきたいと思います。

 

 

ユーザーのみなさま

お取引先のみなさま

 

Smarprise第4期ありがとうございました。

第5期も引き続きよろしくお願い申し上げます。

 

 

最後に、Smarpriseのみんなへ。

第4期もありがとう。

第5期はもっとワクワクしながら仕事しよう!

より大きな「驚きと感動」を!