なんとかする力。

私は幼稚園からずっとサッカーをして
育ってきました。
息子も有り難いことにサッカーが大好きに。
休日は息子とサッカー三昧の日々です。

 

息子のサッカーの試合をみながら、
ふと私のサッカー人生を思い出しました。

 

振り返ると、私が所属していたチームには
どのチーム、どの年代でも絶対的な
エースストライカーがいてくれました。

彼にボールを渡せば
「なんとかしてくれる。」と
チームメイトも当時の親御さんたち
監督やコーチですら思っていたと思います。
 

これはサッカーやスポーツだけではなく
ビジネスをはじめ
何か集団で事を成し遂げるときには
発生する場面があるのではないでしょうか。

 

「なんとかする力。」

 

この力は、ピンチな時に
もっとも威力を発揮します。

 

好調なときには、
なんとかすることは
あまり表面化しないので、
何か局面が変わったときに
ふとでてくるものです。

 

もう少し言うと
なんだかよく分からないけど
なんとかしてくれる、
なんとかしてくれそうといった
期待を集められる力でしょうか。

 

ピンチなときに
一人で局面を打開できるスキルは
当然必要だと思いますが、
ビジネスでは、スキル以上に
「強靭な精神力」が必要だなと。

 

スポーツでももちろん精神力は
絶対に必要ですが、
スキルだけで一気に突破できることも
無くはないです。

 

しかし、ビジネスにおいては
一瞬のスキルで突破出来ることは
意外と少なく、
強靭な精神力(≒忍耐力)が無いと
「なんとかする力。」は
生まれないと私は思ってます。

 

先日も親交が深い友人と
会食をしていてこの話題になりました。

 

「◯◯さんがいうと、
本当になんかそうなりそうな気がする。。」

「確かに。。。」

と。

 

もちろん実績がないと
こういう信頼は得られないものの、
一番は下を向かない
成功するまで前を見続けることだなと
改めて感じました。

 

当社もこの先、きっと数知れないほど
ピンチな場面が訪れると思います。
(ホントは訪れないで欲しいけど・・)

 

一人ひとりが
強靭な精神力をもって、
ピンチを打開していく
「なんとかする力。」を
全員が身につけてほしいなと
思ってます。