理想と現実。

 

理想ばかり追ってはダメ。

でも、もっとダメなのは現実ばかりを見ること。

 

 

会社の代表をやらせてもらっていますが、

意識していることは、このバランス。

 

 

理想の青写真を描かない限りは、それは絶対に実現しません。

でも、理想とそこに至るまでの道があやふやであり

描いた青写真が駄作では意味がありません。

まさに、「絵に描いた餅」状態。

理想のために、絵の解像度を上げることが最も大切。

 

 

誰もがつい「できることばかり(タスク)に目が行きがち」ですが、

理想の世界実現のために、その勝ち筋(実現方法)を

考え続けることが、仕事の本質です。

 

勝ち筋を考えることをしない限りは、

足元ばかりの仕事(タスク)をこなして

仕事をやっている気になってしまう。

 

 

どんな時代も出来ないことに目を向けて

どうすればそれができるかを考え

圧倒的に行動して

成し遂げたられたときこそ

初めて大きな成果が生まれるものです。

 

 

今、出来ることだけをやっているのでは

成長するはずがありません。

 

 

理想と現実のバランス。

 

 

時として理想の追求のために

追い込まないといけないときがあるのですが、

私自身が今まさにそのとき。

 

 

いざ勝負!