社会人ほど勉強しよう。

 

今とある新規分野について猛勉強中です。
改めて勉強って楽しいし、良いことだなと。

 

「日本人は、社会人になると勉強しなくなる」
と、言われてます。

 

諸説ありますが、
日本人が先進国でワースト1位と
言われるほど社会人になってから
勉強していない、、とか。。??

 

ロジカル・シンキングや
クリティカル・シンキング、
アカウンティングなどの
MBA的なアカデミックな勉強が
ビジネスマンの勉強と思われがち。

 

もちろん間違ってはいないのですが
それだけではないです。

 

自分が携わる領域や仕事のミッション
新規の業務分野など勉強するべき領域は
果てしなく多いはず。

 

私もその昔かなり頭の悪い社会人でしたが
ステージが変わる度に勉強をしてきたので、
成長することができました。

 

サイバーエージェント1年目後半に
担当させて頂いたお客様の頭が良くて
会話に付いていくのが本当にやっと・・。

対等にビジネスをするためにも、
それは猛烈に勉強したこと。

 

トレンダーズに出向し
ネット広告営業から
PR営業となり全くの畑違いで
これまた大苦戦。。

 

関連書籍を大量に買い込み
勉強量でなんとかカバーした結果、
成果が出せるようになったこと。

 

「勉強はやった分だけ結果が出る」と
いまでも当時の経験が血肉になってます。

 

勉強の大切さを学生時代に分かっていたら
良かったのですが、
当事者意識が薄い学生だった私には
間違いなく無理だったかもしれません。。

 

改めて重要だと感じることは、
当事者意識が高まり自発的に勉強するのと、
課題図書などを押し付けられて勉強するでは
雲泥の差があるということ。

 

つまるところ私の仮説では、
日本人のビジネスマンが
世界的にみても勉強していないと
言われてしまう背景にあるのは、

 

「挑戦する環境にいない」
or
「その環境にはいるが、まだ当事者意識が薄い」
or
「その環境にいて意識はあるが、目を背けてしまっている」

 

大きくこの3つに分類されると言っても
強ち間違っていないかもしれません。

 

ちなみに、当社はベースとなる
「挑戦する環境はある」
と、自信をもって言えるので
ご興味がある方は是非一緒に
ビジネスを通して青春しましょう!

Smarpriseの募集一覧はコチラ。

最後に宣伝でした!