宿題のすすめ。

「宿題」と聞くと、
どうしても良くないイメージが
日本にはあるかもしれませんね。。

 

幼い頃や学生の頃
私も宿題はとても嫌いでした。

 

嫌いだった理由は
宿題よりも遊びたかったから。
遊ぶことを妨げないでくれ・・・と
思っていたことに他なりません。

 

ただ、ビジネスにおいては
宿題は大事(好きになった)
と感じてます。

 

理由は、宿題を決めることで
期限が明確化され
それに向けてやるべきこと
考えることが決まるから。

 

ここ最近、会議が終わったあとには
宿題を出すように意識してます。

 

議題次第ですが、
会議そのものは一度きりで
終わるものはあるかもしれません。

 

ですが、事業や会社経営は
一度きりで終わることは絶対に無く
継続的に行っていく必要があります。

 

なので、宿題があることによって
事業も会社もどんどん推進されていきます。

 

よくある定例会議でも、
宿題を出すことを意識して
参加者全員で宿題を出し合うこと。

 

とても良い取り組みな気がしているので、
皆さんも活用してみてはいかがでしょうか。
宿題は出す側、出される側ともに
デメリットはあまりなく
メリットの方が圧倒的に大きいと思うので
良い取り組みになるはずです。

 

ただ、学生の頃みたいに、
ビジネスでは、宿題をサボることは
できないですが・・(笑)