期待に応える。

シンプルですが
もっとも大事なことだなと
改めて思ったので。

 

「期待に応える。」

ヒトは前提として
期待する/期待される
生き物だなと
私は思っています。

もちろん期待には
大小様々ありますが
期待されていない
ヒトはいないはず。

 

小さな期待に応えられたら
大きな期待をされる。

大きな期待に応えられたら
さらに大きな期待をされる。

その繰り返し。

 

期待が大きくなるほど
プレッシャーも比例して
大きくなるもの。

 

期待されて
「オレなんて・・・」
と、下を向いてしまうより
「よしやってやろう!」と
顔を上げて
常に前向きに思えるかどうか。

 

時として期待は
「怒られる」
というカタチになって
表面化することがありますが、

怒られるということは
期待されていることなんだ

と、捉えられるかどうかも大事。

 

万が一
大きな期待に応えられないときは
自分自身で、一つ前の
小さな期待に立ち戻ることも
時としては大事なこと。

 

結果が全てなプロの世界ですが、
モチベーションの源泉として
シンプルに
「期待されたからには全力で応える」
と、深く考えずに突き進むのも
良いことかなと思います。

 

私も常日頃から
「どんな期待にも応えたい」と
シンプルに想い続けるようにしてます。